渡来人歴史館

正確で客観的な東アジアの歴史学習を
99-1
 日本人や日本文化は、独自に形成されたのではありません。 中国大陸や朝鮮半島からの人の移動によって、あるいは彼らがもたらす知識や技術によって、たえず影響を受けながら発展し、日本国家の原点となる弥生時代を築いたのは渡来人でした。

 また、安土桃山時代以後、日本の焼き物技術が飛躍的に進歩したのは、陶工をはじめ多くの技術者たちが朝鮮半島から連れてこられ、全国各地に定着した結果です。 さらには、江戸時代の学者や文化人たちが朝鮮通信使と交流し、先進の学問や文化を修めたことは周知の事実です。 このように、日本列島に多大な影響を及ぼしてきた朝鮮半島との関係が、大きくくずれるのは近代に入ってからでした。

 人間尊重を理念とする「心豊かな」社会づくりを進めるため、正確で客観的な歴史認識を共有し、「誠心の交わり」を再構築すべきであると考えています。

 ホームページ

所:大津市梅林2-4-6
時:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休:月曜日、火曜日(団体での観覧を希望の際はご相談ください)
¥:200円(高校生以下は無料)
TEL:077-525-3030  FAX:077-525-3450  P:10台
交:JR琵琶湖線「大津駅」下車、南口から国道1号へ。石山方面に約400m。徒歩5分
大津市梅林2-4-6
PAGETOP