滋賀サファリ博物館

野生動物の殿堂で本物に肉迫する迫力を体験
36-6s
 国道307号を北から進み、信楽町に入ってすぐの場所にある。展示品は館長の近藤幸彦さんが、世界の主要な猟場にて捕獲した野生動物の剥製類で、約100点が常設展示されている。近藤さんは13歳の頃より狩猟をはじめ、海外に足を運ぶようになってから30年が経つという。捕らえた獲物は現地の業者に依頼して剥製にし、船で日本に運ぶ。そうして集まった剥製類の置き場所に困るようになり、館の開設に至った。

 館の名称に使われている”サファリ”は、アフリカのスワヒリ語で”旅”を意味し、それが”狩猟の旅”という意味に転化し、近年動物保護区や自然動物公園等を観察することにも使われ出している。ここでは最初に転化した”狩猟”の意味で用いられている。

 ホームページ

所:甲賀市信楽町黄瀬2854-2
時:9:30~16:30
休:土・日曜日と祝日のみ開館
¥:大人500円、中・高生300円、小学生200円、乳・幼児無料
TEL:0748-83-0121  FAX:0748-83-0122
P:50台
交:JR草津線「貴生川駅」から信楽高原鐵道に乗り換え、「紫香楽宮跡駅」下車、北へ300m/JR東海道線「石山駅」から帝産湖南バス「信楽」行で「雲井駅」下車、北へ約1㎞
甲賀市信楽町黄瀬2854番地2
PAGETOP