滋賀県立陶芸の森 陶芸館

「やきもの×アート×自然」をコンセプトに信楽から世界へ

 陶芸の森は1990(平成2)年に開設された、やきものを専門とする複合施設です。小高い丘陵地を造成した23haの園内には、美術館・陶芸館をはじめ、次代の作家を育成する滞在型研修施設・創作研修館、信楽焼産地製品の今を紹介する信楽産業展示館が点在。
 「やきもの×アート×自然」をコンセプトに、各施設の機能と特性を活かした多彩な企画事業を展開し、滋賀が誇るやきもの文化の魅力を、信楽から世界に向けて発信しています。
なかでも、キャリアアップを目指す作家を支援する創作研修事業は、陶芸の森の独自性を象徴する取り組みです。これまで49カ国のべ1000人以上の作家を受け入れ、産地の動向と関わりつつ、滋賀の新たなやきもの文化の創造に貢献してきました。また、長年に亘り培われてきた国際色豊かなネットワークは、さまざまな出会いと交流の機会を提供しています。陶芸の森での活動を活かして、世界を舞台に活躍してゆく作家も少なくありません。
 陶芸館のコレクションは、日本・海外の現代陶芸、滋賀(近江)ゆかりやきもの、クラフトと陶磁デザインを柱に約1500件を収蔵。とくに現代陶芸や滋賀(近江)関連のコレクションに定評があり、国内外の主要な企画展・巡回展への貸出も豊富な実績を誇ります。
 また、創作研修事業で作家が陶芸の森で制作した作品群は、最新のトレンドを反映したコレクションとして、時代の動きを捉えた魅力ある展覧会の開催に役立てられています。

 ホームページ

所:〒529-1804 甲賀市信楽町勅旨2188-7
時:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)と展示替期間、年末年始
¥:展覧会毎に異なるため、ホームページなどでご確認ください。
TEL:0748-83-0909  FAX:0748-83-1195  P:普通車250台、大型バス10台
交:「JR草津駅」より草津線「貴生川駅」下車、信楽高原鐵道「信楽駅」下車後徒歩20
分/「信楽駅」より甲賀市コミュニティバス「陶芸の森陶芸館前」下車すぐ/新名神高速道路 信楽I.C. から車で約8分
甲賀市信楽町勅旨2188-7
PAGETOP