白谷荘民俗資料館(西近江学校歴史博物館)

登録文化財の民家を一般公開
75-1.TIFF
 代々地元庄屋を務めてきた大村家の平入り茅葺母屋は、合掌三階建の江戸時代後期・寛政3年(1791)築で、「大浦型」と呼ばれる民家の典型とされる。 明治期には戸長役場にあてられ、以後は観光地の土地柄から民宿となってきたが、マキノ町へ調査に訪れた民俗学者がこれを見て「室町期の京都の民家に類似しており、非常に貴重なもの」と指摘したことから、持ち主の大村進さんが家屋全体の一般公開を目的に、昭和50年(1975)に民俗資料館とした。

 江戸時代には寺子屋の場となり、明治期には尋常小学校の分校としても用いられた大村家の母屋には、延宝9年(1681)刊の辞書から、寺子屋で学ぶ子供が先生の教えを書き取ったノート類まで読本・教科書の類が1000冊ほど保存されていた。 これに触発されて、大村進さんは県内のみならず全国的な収集に取り組んできた。 現在20000点余りの小学校関連資料を収蔵する滋賀県内唯一の学校歴史博物館であり、鉄道に関する記述、地震に関する記述などを集め、企画展もおこなっている。 温泉民宿施設が併設されており、宅地には国内でも最大級の安寿姫と厨子王にまつわる伝説の椿もある。

 ホームページ

所:高島市マキノ町白谷343
時:9:00~17:00
休:不定休
¥:大人500円、小中高生300円
TEL:0740-27-0164  FAX:0740-27-1000
P:30台
交:JR湖西線「マキノ駅」からバス利用「白谷」下車、徒歩約1分
高島市マキノ町白谷343
PAGETOP