観峰館

Kampo Museum

迫力ある施設と豊富な資料で書の文化にふれてみてください。

「書の文化にふれる博物館」

「観峰館」は琵琶湖の東南に位置する滋賀県東近江市の郊外五個荘地区の、のどかな田園地帯にあります。平成7年10月、国内でも屈指の書の文化を紹介する博物館として開館しました。
 当館の収蔵品は日本習字創設者 故原田観峰が30年余りの歳月をかけて自ら収集したもので、近代中国の書画や歴代の碑版法帖類、文房具をはじめとする中国の諸文化に関する資料、日本の近代教育資料、家具調度類など、その点数は2万5千点にものぼり、常設・企画展示を通じて順次公開しています。
 当館の建物は、書文化発祥地の中国をイメージした円形の原田観峰記念室、本館6階の展望ホール、小企画展を開催する5階、4階展示室、書の歴史を解説する3階展示室、「紀泰山銘」の大型拓本と清朝皇帝の離宮内部を精巧に復元した大迫力「避暑山荘 澹泊敬誠殿」が1階にあります。
 また中国の伝統建築である四合院風の中庭を持つ書院展示室との間には、中国西安の碑林博物館に制作依頼した書道史上重要な復元石碑が8基あります。
 さらに奥には西洋アンティーク室を併設し、西洋家具やクラッシクカー、アンティークオルゴールなどを展示し、イベント会場にもなります。
 平成27年にオープンした新館では当館収蔵品と他館からの借用資料とのコラボレーションにより定期的に魅力的な特別企画展を開催しています。
 館内は広くゆったりとご覧いただけます。ご希望のお客さまには、学芸員が館内をご案内いたします。(要予約)また、瓦当拓本や石碑採択などの体験教室も人気です。

一押しポイント!
「書」が中心ですが、バラエティに富んでいて、書以外に関心のある方にも楽しめる展示です。
ご案内
所:東近江市五個荘竜田町136
時:9:30~17:00(入館は16:00まで)
休:月曜日休館(祝日の場合は翌日)、展示替え休館あり
¥:入館料500円(1000円)、高校・学生300円(800円)中学生以下無料
( )内は特別展開催時の入館料です。各種割引あり
TEL:0748-48-4141 FAX:0748-48-5475
P:80台
交:JR琵琶湖線「能登川駅」から近江バス「八日市駅」行きで金堂竜田口下車徒歩約15分、または近江鉄道「五箇荘駅」から徒歩10分/名神高速道路「彦根IC」または「竜王IC」から約16㎞

 ホームページ

東近江市五個荘竜田町136
PAGETOP