東近江市・近江商人博物館・中路融人記念館

近江商人の里は「まるごと博物館」
491.TIFF
 鈴鹿山脈からびわ湖まで、日本列島の千分の1の面積と人口を有する東近江市には、多様な自然と歴史や文化があります。 東近江市では、この郷土に学び東近江市民として情緒豊かな人格を形成し、また、多くの方々に本市の情報を発信するため、多くの博物館を設置しています。

 これらの博物館の中心になっているのが、近江商人博物館・中路融人記念館です。 江戸時代から明治時代にかけて、てんびん棒を肩に全国各地に行商し、三方よしの精神でやがて豪商へと立身出世した近江商人の歴史と文化を紹介しています。平成28年4月には中路融人記念館がオープン。湖国の原風景に心惹かれ、60余年もの間その風景を追い求め、描き続ける日本画家・中路融人画伯の作品をご覧いただけます。 また、館周辺の東近江市五個荘金堂町には、近江商人屋敷など近江商人の本宅が点在し、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 他に、特徴的な活動を展開している博物館として「能登川博物館」と「西堀榮三郎記念探検の殿堂」があります。 能登川博物館は、昔のくらしをテーマとした昭和30年代のくらしの情景を再現した常設展示とともに、1~2ヶ月ごとに市域の自然や人々の暮らしをテーマとして企画展を開催し、また地域学芸員と協働で観察会などを楽しみながら知識が豊かになるイベントを開催しています。 西堀榮三郎記念探検の殿堂は、本市にゆかりある科学者で探検家でもある西堀榮三郎を記念し、彼の「探究心」「チャレンジ精神」「創意工夫」「新しい技術の試み」を21世紀を担う若者に伝える活動をし、探検的精神の振興を目指しています。

 ホームページ

所:東近江市五個荘竜田町583
時:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
¥:大人300円、小中生150円
TEL:0748-48-7101  FAX:0748-48-7105
P:約60台
交:JR琵琶湖線「能登川駅」から近江バス「八日市駅行き」で「ぷらざ三方よし前」下車、徒歩15分/近江鉄道「五箇荘駅」下車、徒歩25分
東近江市五個荘竜田町583
PAGETOP