近江日野商人ふるさと館「旧山中正吉邸」

Omi Hino Merchant Museum (Former Yamanaka Residence)

日野商人の古き良き暮らしに触れるくつろぎの時

 山中正吉家は、天保初年(1830年頃)から、今の静岡県富士宮市で酒造業を営んだ日野商人です。
 当館は、日野商人の代表的な本宅建築「旧山中正吉家住宅」として、平成27年3月31日に日野町の有形文化財に指定され同年4月1日に開館しました。敷地面積は約2,000㎡、建築面積は約1,300㎡に及び、そのうち主屋、座敷棟、洋間棟、新座敷棟、浴室棟の約700㎡を公開しています。
 その歴史は、初代正吉が幕末期の、万延元年(1860)に仁正寺藩主の市橋家から土地を拝領し、主屋を建てたことから始まり、幾度かの増・改築を経て、昭和初年に現在のかたちになったといわれています。
日常生活の場であった主屋は、この地方の農家住宅の典型である四つ住まい(田の字型の部屋割りで仕切戸を外すと大広間になる)で、土間には大釜付の五口くど(かまど)を備えつけています。接客の場であった座敷は、釘隠などの意匠に凝りながらも素朴な仕上げとなっています。大正時代の末には洋室棟が、大正時代末から昭和時代初め頃には新たに客人をもてなすために広い庭を伴う数奇屋風書院造の新座敷棟が新築され、のちにシャワーやステンドグラスの窓を備えた浴室が造られました。質素倹約に努めながら増・改築を重ねた建物からは、日野商人の往時の暮らしぶりを随所に感じることができます。
 当館は、約150年、5代にわたる暮しの場、とりわけ大正から昭和の面影が残る中で、日野の歴史や文化のかおりを感じ、くつろいでお過ごしいただくとともに、学びの場、研修お        
よび交流の場としてご利用いただくことができます。日野の歴史に触れる場、探訪の窓口として、日野祭をはじめとする祭礼行事、町の自然や観光名所を映像で楽しめるシアタールームや貴重な史資料の展示コーナーを用意しています。
 また、食体験として、日野の暮らしの中で受け継がれてきた伝統料理を、特別なお客様を迎える座敷にて庭園を眺めながらお召し上がりいただけます。地産地消・すべて手作りにこだわった四季折々の逸品料理をご堪能ください。

一押しポイント!
ふと気がつけば大正・昭和の面影残る暮らしの中。賓客を迎えた座敷では庭園を眺め伝統料理体験ができます。
ご案内
所:蒲生郡日野町西大路1264番地
時:9:00~16:00
休:毎週月・火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/4)
¥:大人300円、小中学生120円
TEL:0748-52-0008 FAX:0748-52-3850
P:50台 大型可
食体験:最少催行10名様以上、要ご予約、入館料込み2,000円から。詳しくはお問合せください
交:JR琵琶湖線「近江八幡」駅または近江鉄道「日野」駅から近江バス「北畑口」行にて「向町」下車、徒歩2分 / 名神八日市ICから25分、名神蒲生スマートICから20分、新名神土山ICから25分

 ホームページ

蒲生郡日野町西大路1264
PAGETOP