醒井木彫美術館

連綿と伝わる美と技・150年の蓄積
96-1
 醒井から3キロ遡った山あいにある上丹生。 ここには150年の伝統に裏打ちされた木彫りの歴史があり、大きいものは神社仏閣の建飾彫刻から、小さいものは仏壇内陣の精緻な彫りにいたるまで、多種多様なアイテムを伝統の確かな技術で今も彫り続けている。

 当館は、これからも匠の技と美を継承するための拠点となることを目指し、今でも美しい清水が流れる醒井宿の流れに面して、平成14(2002)年10月に完成した。 旧醒井村上丹生出身の彫刻家 森大造 と、今日の上丹生を築いた先輩彫刻家の、それぞれの常設展示室を備えた、木彫りに特定した美術館である。

所:米原市醒井95
時:10:00~16:00
休:月曜日~金曜日(土・日、祝日のみ開館)、12月~3月(冬期休館)。(連絡によって適宜入館可能)
¥:大人300円、中高生200円、小学生以下無料
TEL:0749-54-0842  FAX:0749-54-0842
P:40~50台(館の手前、徒歩5分)
交:JR東海道本線「醒ヶ井駅」から宿場町を散策して徒歩10分/北陸自動車道「米原IC」から国道21号を関ヶ原方面へ約5分
米原市醒井95
PAGETOP