長浜城歴史博物館

秀吉の出世城跡に建つ長浜のシンボル
A9.TIFF
 天正元年(1573)、琵琶湖東北部3郡の領主となった秀吉は、同3年(1575)、築城と城下町造成を契機に、今浜の地を長浜と改称した。 昭和58年(1983)、その城跡に内部を歴史博物館とする、天正期の城郭様式を模した3層5階建の長浜城が新築された。

 展示は2階と3階に分かれる。 古代から安土桃山時代までの湖北地域の歩みを追った2階展示室では、まず、湖底遺跡などから発見された縄文土器が並び、次いで古墳時代の埴輪や奈良時代から安土時代にかけて隆盛した仏教文化の遺産を展示。 そして、秀吉の天下統一の足がかりとなった長浜の町づくりの様子と、その足跡、また秀吉政権の存続を願った石田三成も紹介。 華麗な長浜曳山祭についても詳しく解説している。

 この地で花開いた文化をテーマごとに紹介した3階展示室では、長浜出身で江戸時代初期を代表する茶人小堀遠州(こぼりえんしゅう)や、国友鉄砲鍛冶に関する資料を展示。 理解の助けとなるよう、随所にリアルなジオラマや、秀吉の声が聞ける「過去からのメッセージ」などが置かれている。

 5階はパノラマ展望台として、琵琶湖の景観や戦国史の表舞台となった地域を一望でき、ナレーションや効果音によって戦国期の湖北を実感できる。

 ホームページ

所:長浜市公園町10-10
時:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休:年末年始(12/27~1/2) 、臨時休館あり
¥:大人400円、小中生200円
TEL:0749-63-4611  FAX:0749-63-4613
P:125台 大型11台(豊公園内)
交:JR北陸本線「長浜駅」下車、西口から徒歩約7分(駅から長浜城が見えます)
長浜市公園町10-10
PAGETOP