高島歴史民俗資料館

Takashima History and Folk Museum

「継体天皇ゆかりの地、高島歴史民俗資料館」

 当館は、宝冠・飾履などの華麗な副葬品が出土したことで知られる鴨稲荷山古墳から南に150mほどのところにあり、旧高島町時代に収集された民具・埋蔵文化財・古文書等の文化財を保存・展示する目的で昭和56年秋に開館しました。平成17年の高島市発足後は、市内に3館ある資料館の中核資料館として、市内からの出土品・文化財等を収集・保存・展示し、歴史に関するレファレンス業務を行っています。
 当館の1階では、継体天皇とゆかりの深い鴨稲荷山古墳から出土した家形石棺の実寸大模型や金製耳飾・金銅製の冠・沓のきらびやかな副葬品(復元品)、継体天皇の父彦主人王が眠るとされる田中王塚古墳の南に位置する田中36号墳出土の馬具・土器など市内の遺跡から出土した遺物を展示しています。2階には、江戸時代に市南部の大溝藩を治めていた分部家やその時代の陣屋や城下町にゆかりの深い文化財等を展示しています。また、定期的に企画展を開催し、テーマに沿った資料の展示も行っています。

一押しポイント!
毎年秋には、テーマに基づいた高島市の歴史を一堂に紹介する特別展を市内の展示施設で開催しています。
ご案内
所:高島市鴨2239
時:9:00~16:30
休:月曜日、火曜日、祝日 (ただし、5/5・11/3は開館)、年末年始(12/28~1/4)
¥:無料
TEL:0740-36-1553 FAX:0740-36-1554
P:8台
交:JR湖西線「安曇川駅」下車、徒歩20分/JR湖西線「近江高島駅」下車、徒歩50分
JR近江高島駅より高島・安曇川線バス[鴨西コース]で約8分「宿鴨」下車徒歩約2分

 ホームページ

高島市鴨2239
PAGETOP