加盟館からのお知らせ

「東近江出身の仏絵師 藤野正観の仕事展」 観峰館

会期;2月8日(土)~3月15日(日) 東近江出身の仏絵師 藤野正観氏 の作品展を開催いたします。 仏絵師とは、絵画で仏の姿を表現する絵師で、伝統技法に裏打ちされた高い技術と、礼拝対象となる清心な仏の姿を描き出せる精神性 …

新春特別企画 子の干支凧とお正月遊び 世界凧博物館東近江大凧会館

 東近江大凧会館では、1月3日(金)から令和2年の干支である「子(ネズミ)」の図柄が描かれた全国各地の凧(1道1都2府10県)を44点展示します。子と背景に大入と書かれた凧や子の郷土玩具などが描かれ、形も扇形、ひょうたん …

第61回企画展「安土・桃山時代の近江展―琵琶湖文化館の収蔵品を中心に―」滋賀県立安土城考古博物館

文化財の宝庫である滋賀県。本県に伝来した文化財を多数収蔵している琵琶湖文化館は、滋賀の歴史と文化を語るうえで欠かすことのできない存在です。現在は休館している琵琶湖文化館の収蔵品のなかから、安土・桃山時代の優品にスポットを …

特集展示「栗東歴史民俗博物館の“昔のくらし”」(12月7日土曜日から2020年3月1日日曜日まで)栗東歴史民俗博物館

 栗東歴史民俗博物館で平成5年度から行っている博物館教室“昔のくらし”は主に小学校3年生が社会科で学ぶ“高度成長期(昭和30~40年代)の前と後での生活のなかの道具の変化”の単元に沿った内容の体験学習プログラムです。   …

~子(ネズミ)の干支凧を作ろう~親子凧作り教室 世界凧博物館東近江大凧会館

令和2年の干支である子(ねずみ)の絵柄を描く凧作り教室を開催します。 開催日時 令和2年1月5日(日)  午前9時から午前12時まで 定員 25組  参加費 1枚 500円 会場 世界凧博物館東近江大凧会館別館(東近江市 …

“たのしさいっぱい”クリスマスの凧と絵本 世界凧博物館東近江大凧会館

サンタクロースやトナカイなど、そのものの形をしている凧を8種類・16点を展示する「“たのしさいっぱい”クリスマスの凧と絵本」を開催します。館内には、クリスマスの本を読むコーナー、高さ180cmのもみの木のツリーに折り紙で …

開館20周年記念展(民俗編)「くさつを彩る舞~風流踊りの系譜~」草津市立草津宿街道交流館

草津市立草津宿街道交流館は、2019年4月に開館20周年を迎えました。 草津宿街道交流館 開館20周年記念展示の第2弾は民俗編! 草津市には、中世に流行した風流踊りの系譜を引くとされる民俗芸能が多く伝承されています。これ …

2019年特別企画 東北の凧シリーズ2 秋田・山形・福島 世界凧博物館東近江大凧会館

秋田県、山形県、福島県の37点の凧を紹介する東北の凧シリーズ2を開催します。 秋田県からは、珍しい凧のカップルである「男べらぼう凧」と「女べらぼう凧」、墨の濃淡だけで絵が描かれた「まなぐ凧」、山形県からは、中央に赤い丸が …

秋季特別展「『動物美術館』開演!」滋賀県立安土城考古博物館

人間にとって、常に関心の的であり続ける動物たち。さまざまな造形美術の中に、その姿や仕草が表現されてきました。本展では、「動物埴輪とその仲間」「仏教美術の名脇役集合」「狛犬百変化」「神使出現」「動物画の主役たち」の五部構成 …

第25回 馬の絵作品展(巡回展)(10月26日土曜日から11月10日日曜日まで)栗東歴史民俗博物館

 北海道・鹿追町の神田日勝記念美術館が毎年開催している「馬の絵作品展」の巡回展が、“馬のまち”栗東市にやって来ます!  全国の入選作品と、滋賀県からの出展作品が展示されます。  多くの皆様のご来館をお待ちしています。   …

PAGETOP