大津市歴史博物館

琵琶湖とともに歩んだ大津の歴史と文化をたどる
ootu02
 湖都「大津」のまちは、琵琶湖と比良・比叡・長等・音羽・田上など美しい山々の恵みを受け、早い時代から豊かな歴史と文化を育んできた。 また、東西交通の要地として重視され、各時代において日本の表舞台にしばしば登場してきた。 こうした大津の足跡をしるす数多くの歴史・美術工芸・考古・民俗の各資料を収集・保管・調査・研究し、ひろく公開することを目的に平成2年に開館。 常設展示では、漁村、門前町、宿場町、城下町など、市内の各地域のさまざまな歴史のありさまを、生活風景を表わす人形を取り混ぜた町並み復元模型によって紹介するほか、実物資料やレプリカ、イラストなどによって、親しみやすく展示している。

 また、さまざまなテーマの講座を開催するほか、知られていない市内外の史跡をめぐる見学会の開催など、幅広い活動をしている。

 ホームページ

所:大津市御陵町2-2
時:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日を除く)年末年始(12/27~1/5)
¥:一般320円、高大生240円、小中学生160円
TEL:077-521-2100  FAX:077-521-2666  P:70台
交:京阪電鉄石坂線「別所」駅下車徒歩5分/JR湖西線「大津京(旧:西大津)」駅下車徒歩15分/JR琵琶湖線「大津」駅から京阪バス10分「別所」下車
大津市御陵町2-2
PAGETOP