Shiga Association of Museums

HOME

 滋賀県博物館協議会は、県内の博物館施設(美術館・資料館なども含む)相互の連絡を図り、博物館活動を通じて県民文化の振興に寄与するために、公私の別・規模・分野などさまざまな特色ある博物館がその社会的使命の達成のために協力することを目指しており、現在70館(2021年4月現在)が加盟しています。

 「滋賀県博物館協議会」という名前の組織は1969(昭和44)年に発足していますが、一旦自然消滅してしまい、1982(昭和57)年に再発足して現在に至っています。事務局は、再発足当初は 滋賀県立琵琶湖文化館が担当し、 滋賀県立近代美術館、滋賀県立琵琶湖博物館、長浜城歴史博物館へ引き継がれた後、 現在は草津宿街道交流館が担当しています。

 協議会の事業方針は毎年開催される総会や随時開催される理事会で決定されますが、実際の日常運営は加盟館から選出された「研修委員会」「広報委員会」「記念事業委員会」を中心に進められています。 毎年、研修会(新館見学会・シンポジウム)を開催すると共に、広報誌「しが県博協だより」を発行しています。 研修会は、基本的には加盟館の職員を対象として行われていますが、内容によっては一般の方にも公開する形で実施する場合もあります。

  

滋賀県博物館協議会

加盟館からのお知らせ

特別公開「雛と雛道具」彦根城博物館

井伊家13代直弼の愛娘弥千代(1846~1927)の雛と大揃いの雛道具を、地元の旧家に伝来した御殿飾りなどとともに一挙公開。春を告げる恒例の展示です。  開催期間:令和4年2月5日(土)~3月7日(月)  開催時間:午前 …

【要事前申込】特集展示「里内文庫の教育教材」関連行事「動け! My ロボット★ ―プログラミング体験ワークショップ―」(令和4年2月5日土曜日) 栗東歴史民俗博物館

 里内文庫の活動に倣い、子どもたちを対象にしたワークショップ「動け! My ロボット★ ―プログラミング体験ワークショップ―」を開催します。ロボットカーを組み立て、プログラミングソフトを用いて思い通り動かす体験です。先進 …

特集展示「里内文庫の教育教材」(12月11日土曜日~令和4年2月27日日曜日)栗東歴史民俗博物館

 栗東歴史民俗博物館が収蔵する『里内文庫資料』(滋賀県指定有形文化財)は、郷土史家・里内勝治郎(1877~1956)によって明治43年(1910)に設立された私立図書館・里内文庫図書館の旧蔵資料を引き継いだものです。   …

テーマ展「老いを言祝ぐー能の世界からー」 彦根城博物館

 古来、日本では、多くの年を重ねた尉や姥は、神に近い存在とされてきました。年老いた神が世を言祝ぐ「翁」、相生の松の精である老夫婦が登場する「高砂」など、めでたい能の演目を通して、祝うべき老いの世界を紹介します。  開催期 …

草津宿街道交流館秋季テーマ展「描かれた旅慕情―絵図から見る旅と観光―」草津市立草津宿街道交流館

自分の知らない場所へ行ってみたいという気持ちはいつの時代も変わらないものです。現在は、インターネットやテレビで簡単に名所や名物を知ることができますが、それらが無かった時代、人々にそういった情報を伝えた媒体のひとつに絵図や …

最新記事

  • 特別公開「雛と雛道具」彦根城博物館

    井伊家13代直弼の愛娘弥千代(1846~1927)の雛と大揃いの雛道具を、地元の旧家に伝来した御殿飾りなどとともに一挙公開。春を告げる恒例の展示です。  開催期間:令和4年2月5日(土)~3月7日(月)  開催時間:午前 …

  • 令和3年度 滋賀県博物館協議会 情報交換会

    「展示・収蔵環境における有害物質対策」報告 A.タイトル:「展示・収蔵環境における有害物質対策」 B.講師:吉田直人氏(独立行政法人国立文化財機構 文化財活用センター)      髙木叙子氏(滋賀県立安土城考古博物館) …

PAGETOP