Shiga Association of Museums

HOME

 滋賀県博物館協議会は、県内の博物館施設(美術館・資料館なども含む)相互の連絡を図り、博物館活動を通じて県民文化の振興に寄与するために、公私の別・規模・分野などさまざまな特色ある博物館がその社会的使命の達成のために協力することを目指しており、現在70館(2018年9月現在)が加盟しています。

 「滋賀県博物館協議会」という名前の組織は1969(昭和44)年に発足していますが、一旦自然消滅してしまい、1982(昭和57)年に再発足して現在に至っています。事務局は、再発足当初は 滋賀県立琵琶湖文化館が担当し、 滋賀県立近代美術館、滋賀県立琵琶湖博物館、長浜城歴史博物館へ引き継がれた後、 現在は草津宿街道交流館が担当しています。

 協議会の事業方針は毎年開催される総会や随時開催される理事会で決定されますが、実際の日常運営は加盟館から選出された「研修委員会」「広報委員会」「記念事業委員会」を中心に進められています。 毎年、研修会(新館見学会・シンポジウム)を開催すると共に、広報誌「しが県博協だより」を発行しています。 研修会は、基本的には加盟館の職員を対象として行われていますが、内容によっては一般の方にも公開する形で実施する場合もあります。

  

滋賀県博物館協議会

加盟館からのお知らせ

第61回企画展「安土・桃山時代の近江展―琵琶湖文化館の収蔵品を中心に―」滋賀県立安土城考古博物館

文化財の宝庫である滋賀県。本県に伝来した文化財を多数収蔵している琵琶湖文化館は、滋賀の歴史と文化を語るうえで欠かすことのできない存在です。現在は休館している琵琶湖文化館の収蔵品のなかから、安土・桃山時代の優品にスポットを …

特集展示「栗東歴史民俗博物館の“昔のくらし”」(12月7日土曜日から2020年3月1日日曜日まで)栗東歴史民俗博物館

 栗東歴史民俗博物館で平成5年度から行っている博物館教室“昔のくらし”は主に小学校3年生が社会科で学ぶ“高度成長期(昭和30~40年代)の前と後での生活のなかの道具の変化”の単元に沿った内容の体験学習プログラムです。   …

~子(ネズミ)の干支凧を作ろう~親子凧作り教室 世界凧博物館東近江大凧会館

令和2年の干支である子(ねずみ)の絵柄を描く凧作り教室を開催します。 開催日時 令和2年1月5日(日)  午前9時から午前12時まで 定員 25組  参加費 1枚 500円 会場 世界凧博物館東近江大凧会館別館(東近江市 …

“たのしさいっぱい”クリスマスの凧と絵本 世界凧博物館東近江大凧会館

サンタクロースやトナカイなど、そのものの形をしている凧を8種類・16点を展示する「“たのしさいっぱい”クリスマスの凧と絵本」を開催します。館内には、クリスマスの本を読むコーナー、高さ180cmのもみの木のツリーに折り紙で …

開館20周年記念展(民俗編)「くさつを彩る舞~風流踊りの系譜~」草津市立草津宿街道交流館

草津市立草津宿街道交流館は、2019年4月に開館20周年を迎えました。 草津宿街道交流館 開館20周年記念展示の第2弾は民俗編! 草津市には、中世に流行した風流踊りの系譜を引くとされる民俗芸能が多く伝承されています。これ …

最新記事

PAGETOP