愛荘町立歴史文化博物館

湖東三山金剛輪寺山麓の歴史・文化を紹介
hata01
 湖東三山金剛輪寺の参道沿いに立地し、自然に恵まれた環境を利用した庭園には桜、サルスベリなどの花々や新緑が楽しめ、郷土の歴史や文化に関する「愛荘知る学講座」などを開催している。

 常設展示は、現在米国ボストン美術館が所蔵している金銅聖観音坐像(金剛輪寺旧蔵)の複製品を主として、金剛輪寺梵鐘(滋賀県指定文化財)、町指定文化財の美術工芸品、曳山などを展示している。

 平成23(2011)年度の特別展は、「祈りと美―金剛輪寺経典の世界」(4/16~5/29)、「お細工の世界」(7/16~9/4)、「羅漢―RAKAN―」(10/29~12/18)の3回を予定しており、その他、民具などの企画展を数回開催する予定。

 博物館の周辺には、金剛輪寺のほか、手織りの里金剛苑、依智秦氏の里古墳公園、目賀田城跡公園、西澤眞藏記念館・郷土の偉人館がある。

 ホームページ

所:愛知郡愛荘町松尾寺 878
時:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休:月・火曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土・日、祝日の場合は開館) 、年末年始、11月は全日開館
¥:大人300円、小中生150円
TEL:0749-37-4500  FAX:0749-37-4520  P:300台(金剛輪寺)
交:JR琵琶湖線「稲枝駅」もしくは近江鉄道「愛知川駅」「豊郷駅」から「愛のりタクシーあいしょう」で「金剛輪寺」下車、徒歩1分/名神高速道路「湖東三山スマートIC」から車で1分、「彦根IC」から車で20分
愛知郡愛荘町松尾寺878
PAGETOP