栗東歴史民俗博物館

Ritto History Museum

幅広い分野から、栗東の歴史と文化を紹介

名神高速道路栗東インターチェンジのすぐ南方にあり、平成2年(1990)にオープンした博物館。栗東市立図書館や栗東自然観察の森など、栗東市の文化施設が集まる一帯に立地している。
エントランスホール正面には狛坂磨崖仏(複製品)をシンボルとして展示。栗東市南部の金勝山中にある実物と同じ大きさの巨大な石仏が、来館者の皆様をお出迎えする。
展示室は2つあり、第1展示室の通史展示「栗東の歴史と民俗」では、縄文時代から近代に至るまでの栗東のあゆみと、民俗行事を紹介している。一方の第2展示室では、年間数本、テーマをしぼった展覧会を開催。シンボル展示に代表されるような仏教文化や神道美術のほか、古代の栗東のすがたを明らかにする考古資料、東海道・中山道といった街道沿いに花開いた文化や、辻村鋳物師の作品など、幅広い分野から栗東の歴史を感じることができる。
また、敷地内の移築民家旧中島家住宅(国の登録有形文化財)では、かまどでの炊飯体験などの様々な事業を通じて、歴史や昔のくらしを体験的に学ぶ機会を提供している。

一押しポイント!
栗東市辻を本貫地とし、江戸時代に全国各地で活躍した辻村鋳物師。ロビーでは、辻村鋳物師が作った梵鐘が、来館者を出迎える。
ご案内
所:栗東市小野223-8
時:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休:月曜日(祝日・振替休日を除く)、祝日・振替休日の翌日(土・日・祝日を除く)、年末年始(12/28~1/4)、展示替のための臨時休館
¥:無料(特別展開催時には観覧料が設定されることがあります。)
TEL:077-554-2733 FAX:077-554-2755
P:20台
交:JR琵琶湖線「草津駅」からバス「図書館・博物館前」下車、徒歩1分
JR草津線「手原駅」から徒歩30分。

 ホームページ

栗東市小野223-8
PAGETOP