銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)

銅鐸の謎に迫り、古代の生活が体験できる
20-1.TIFF
 国道8号線から県立希望が丘文化公園に続く道の途中の右手の一角に、弥生時代の生活文化を学べる体験学習施設として野洲市弥生の森歴史公園が広がり、その中心に、昭和63年(1988)に開館した銅鐸博物館がある。 館の入り口には、地元の石材店から寄贈された巨大な石の銅鐸が鎮座し、訪れる人を迎えてくれる。

 銅鐸をシンボルとする野洲市では、野洲市歴史民俗博物館を、通称「銅鐸博物館」と呼び、館内には銅鐸の形や文様・製作年代ごとの特色を詳しく解説した展示が常設され、古代から現代までの時代の変遷と音の移り変わりが楽しめる内容となっている。 平成20(2008)年にリニューアルオープンし、学習・体験コーナーや常設展示「野洲の歴史と民俗」が新しくなり、市内の大型航空写真も新設された。

 博物館に隣接する弥生の森歴史公園には、弥生時代の生活が体験できる各種施設が整備されている。 古代米「赤米」を栽培する水田や、竪穴住居4棟、高床倉庫1棟が復元され、当時の生活を肌で感じることができる。 体験学習では、「土笛」や「まが玉」さらには「土器づくり」などのメニューがあるが、中でもまが玉に一番人気が集まり、年間2000個以上が作られている。 地元産の陶土「篠原土」をつかった陶芸作品は優しい風合いがあり、人気を博している。

所:野洲市辻町57-1
時:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日、祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/4)
¥:一般200円、高大生150円、小中生100円(企画展期間中は変更あり)
TEL:077-587-4410  FAX:077-587-4413
P:50台・バス5台
交:JR琵琶湖線「野洲駅」から近江鉄道バス「銅鐸博物館前」下車すぐ、または「辻町」下車、徒歩5分
野洲市辻町57-1
PAGETOP