加盟館からのお知らせ

伝教大師最澄没後1200年企画展(第87回企画展) 「仏像をなおす」大津市歴史博物館

 延暦7年(788年)に伝教大師最澄によって比叡山寺(比叡山延暦寺)が創建されて以降、大津は日本仏教の中心地として膨大な質量の仏像や神像が造られ、現在も彫刻の指定品の数は京都市と奈良市に次いで3番目に多い市として知られて …

夏季テーマ展「うばがもちやさんが集めた街道と旅の資料たち」を開催します!草津市立草津宿街道交流館

草津名物・姥ヶ餅(うばがもち)は、江戸時代に歌川広重が描いた浮世絵などにも取り上げられています。その姥ヶ餅を販売し、旅人たちでにぎわった「うばがもちや」は、かつて東海道と矢橋道の分岐点である矢倉立場にありました。近代以降 …

特集展示「平和のいしずえ2022~平和へのまなざし~」栗東歴史民俗博物館 (7月16日土曜日から9月4日日曜日まで)

 栗東歴史民俗博物館では栗東市の「心をつなぐふるさと栗東」平和都市宣言をうけて、開館以来、戦争と平和をテーマとする「平和のいしずえ」展を開催してきました。これは市内外の所蔵者の方々からご提供いただいた貴重な資料を通じ、近 …

企画展「彦根藩の足軽ー歩兵たちの近世ー」彦根城博物館

 戦乱の世に、鉄砲や弓などで戦った歩兵の足軽。太平の世となった近世、彦根藩の足軽は日々の軍事鍛錬に加え、藩政の様々な実務を担い、幕末期には再び戦場で活躍しました。本展では、古文書や足軽の武器・武具などから、その多様な実態 …

企画展「三橋節子が愛した野草たち」(5月28日土曜日から11月23日水曜日まで)三橋節子美術館

ワレモコウやノリウツギなど三橋節子は好きだった野草を多く描きました。 今回は野草を主テーマとした絵画を展示します。

テーマ展「能を彩る道具ー小道具と作り物ー」彦根城博物館

 能において、中啓をはじめとする小道具や舞台に据える作り物は、演目の内容や登場人物の役柄を象徴する、上演に欠かせない重要な道具です。本展では、これら能を彩る道具の意味や役割を演目とともに紹介します。    開催期間:令和 …

隠元禅師350年大遠諱記念展「黄檗の華」 (5月21日土曜日から7月3日日曜日まで)栗東歴史民俗博物館

黄檗宗の宗祖・隠元禅師の350年大遠諱を迎えるにあたり、現在の栗東市やその周辺に花開いた黄檗文化を紹介する展覧会を開催します。     主催:栗東市、栗東市教育委員会  協力:黄檗山萬福寺、公益財団法人日本習字教育財団  …

テーマ展「軍記物語の世界―語り継がれる名場面―」 彦根城博物館

 平家物語など、戦を題材とした軍記物語。そこに描き出された登場人物の武勇や悲話などは、後世の美術工芸品や芸能に大きな影響を与えました。本展では、軍記物語にまつわる様々な作品を、館蔵品の中から紹介します。  開催期間:令和 …

春季企画展「隠元隆琦350年遠諱 黄檗インパクト」観峰館

黄檗宗の宗祖・隠元隆琦(一五九二~一六七三)の来朝は、臨済宗を中心とする禅宗寺院に大きな「インパクト」をもたらしました。 江戸前期の近江は、室町時代後期の戦乱により荒廃した寺院が多く、それらの再興にあたっては、黄檗僧が多 …

特別公開「国宝・彦根屛風」彦根城博物館

 近世初期風俗画の傑作、国宝・彦根屛風を特別公開します。  開催期間:令和4年4月15日(金)~5月15日(日)  開催時間:午前8時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)  問合わせ:彦根城博物館(TEL 0 …

PAGETOP